AviUtlに追加するプラグイン【L-SMASH Works】

スクリーンショット_101718_092102_AM

どうも、アオケン(青木健治)です。

今回は、AviUtlのプラグイン【L-SMASH Works】の導入方法について記事を書いていきたいともいます。

AviUtlを使う事によって、読み込めるファイル形式が増えるそうです。

なので、AviUtlを使う場合は、「L-SMASH Works」を導入することが必須になってくると思われます。

L-SMASH Worksの導入方法

では今から、L-SMASH Worksの導入方法について説明していきますね。

まず、こちらの公式サイトへアクセスしましょう。

スクリーンショット_102118_113022_AM

L-SMASHの公式ページへ移動できたら、垢枠のリンクをクリックしてダウンロードしてください。

スクリーンショット_102118_114954_AM

L-SMASHのプラグインをダウンロードできたら、AviUtlフォルダの中に「Plugins」というフォルダを作ってください。

スクリーンショット_102118_115510_AM

そして、先程作った「Plugins」フォルダに上図の4つのファイルを移動させてください。

これらの、ファイルをAviUtlに入れることによって、読み込める動画の数が増えます。

スポンサーリンク

L-SMASHの設定

では、L-SMASHを導入することができたので、AviUtl本体でL-SMASHの設定を行いましょう。

WS000291_102618_104109_PM

AviUtlを起動させたら、「ファイル」のメニューから「環境設定」を選び、「入力プラグイン優先度の設定」をクリックしましょう。

WS000292

入力プラグインの優先度のウィンドウが開きましたら、「L-SMASH」を選択してOKボタンをクリックしてください。

終わりに

以上で、L-SMASHについて説明する記事は終わりです。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク