ニコニコチャンネルのページを開設してみた!無料でできる?それとも有料サービス?

スクリーンショット_031620_084649_AM

どうも、こんにちは。アオケン(青木健治)です。

今回は、ニコニコ公式サイトのメニュー内にある「ニコニコチャンネル」について興味を持ったので、開設していきたいと思います。

ニコニコチャンネルは無料で作れるのか、それとも有料サービスなのか、まだよくわかっていない段階です。

なので、ニコニコチャンネルのページを無料で開設できそうならば、チャンネルページの作り方などを説明していきましょう。

それで、仮にニコニコチャンネルの開設が有料であれば、それも記事にしていけたらと思います。

割と、ニコニコチャンネルのページが無料なのか有料なのか、わからない人も多いと思いますので、青木健治が率先して記事を書いていきます。

では早速、ニコニコチャンネルのページを作っていきましょう!

スポンサーリンク

ニコニコチャンネルの作り方

まずは、ニコニコ動画の公式サイトへアクセスしてください。

スクリーンショット_031620_090128_AM

ニコニコ動画にアクセスができたら、上部にある基本メニューの中から、「チャンネル」を選択してください。

スクリーンショット_031620_091317_AM

ニコニコチャンネルのページが開きました。

どうやら、このページからチャンネルの開設できるようになるようです。

スクリーンショット_031620_092409_AM

このページの右上に、「チャンネルを開設」というメニューがあるので、そちらをクリックしましょう。

スクリーンショット_031620_045125_PM

チャンネルの開設ボタンを押すと、ニコニコチャンネルを開設するための「はじめる」というボタンが表示されます。

そちらをクリックしましょう。

スクリーンショット_031620_051023_PM

はじめるボタンを押すとページが移動して、「このniconicoアカウントでチャンネルを開設します」という文字が出てくるので、「次へ」を押して先へ進みます。

スポンサーリンク

ニコニコチャンネルは個人では作れない

スクリーンショット_031620_054858_PM

と、ここまで来て、とんでもない事態に気づきました。

チャンネル開設するには…、法人か行政機関に限るそうです…‼

な、なんだってー!!!!!!!!

それじゃあ、個人ではニコニコチャンネルを開設できないのだろうか…?

と、思ってニコニコのヘルプページを確認してみました…。

Q [チャンネル_よくある質問]個人でチャンネルを開設したい

A 回答

ユーザーチャンネル開設のエントリー方法が変わりました。
これまで、キャンペーン形式で一定数の個人応募を受け付けておりましたが、niconicoでの活動実績(投稿・配信数、再生・視聴者数、継続性等)その他ネット上での活動実績などをもとに基準を設け、対象となった方にのみ、ニコニコアカウント登録時のメールアドレスへご連絡させていただきます。
なお、現時点で対象となっていない方であっても、活動を続けていただくことで、新たに対象となられた場合には、登録されたメールアドレスへご連絡いたします。
niconicoでは、ユーザーの皆さんが、継続的に創作活動が行える環境づくりにこれからも取り組んでいきます。

ニコニコヘルプページ

ヘルプページを見てみると、NICONICOでの活動実績、その他ネット上での活動実績がある人のみ、メールを送るという旨の内容でした。

つまり簡単に言うと、ある程度の活動実績がないとニコニコチャンネルの開設ができないという事です。

筆者である青木健治は、ネット上の活動実績も浅いため、恐らくニコニコチャンネルのページを作ることができないでしょう。

という事で、ニコニコチャンネルを開設することができないので、本記事に関してはここで終了となります。

終わりに

以上でニコニコチャンネルのページを開設する方法についての記事は終わりです。

ニコニコチャンネルのページを作って、もっとニコニコでの活動を活発化させたかったのですが、その夢も砕け散ってしまいました。

とにかく、筆者である青木健治がニコニコチャンネルのページを開設するためには、もっとインターネット上で活動を続けるしかないという事ですね。

これは誰にでも言える事ですが、活動実績を積み重ねていない人はチャンネルすら作れないという事です。

簡単にチャンネルページを作れると思っていた筆者が間違いでした…。

実績を作らねば…。

結局、無料でできるのか有料なのかもわからないままでしたね。申し訳ありません。

それではそろそろ、ニコニコチャンネルのページを開設してみた!無料でできる?それとも有料サービス?についての記事を終わりたいと思います。ありがとうございました!

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク