OBSStudioを使ってYouTubeLiveを利用する方法

スクリーンショット_010719_110031_PM

どうも、アオケン(青木健治)です。

今回はOBSStudioを使ってYouTubeでLive配信する方法について説明していきたいと思います。

YouTubeLiveで生放送をすれば、自然とチャンネル登録者も増えていくことでしょう。

それに、ニコニコ動画とは違って、YouTubeLiveは無料で使えますので、とても助かります。

そういうことなので、今からOBSstudioという、生放送ができる無料ツールのご紹介をしていきたいと思います。

OBSstudioのダウロードをする

では初めに、OBSstudioの公式ホームページへアクセスをしましょう。

スクリーンショット_010819_041751_AM

OBSstudioのダウンロードページへ飛んだら、右上にある「Download Installer」をクリックしてください。

スクリーンショット_010819_042004_AM

ダウンロードが完了したら、「EXE」ファイルを開いて、インストーラーを起動させましょう。

インストーラーで、チェック項目がありますが、そのまま先へ進んでいけば大丈夫です。

スクリーンショット_010819_042427_AM

インストールが完了すれば、デスクトップ上に「OBSstudio」が表示されます。

OBSstudioの使い方

では、OBSstudioをインストールできましたので、アプリを起動させましょう。

スクリーンショット_010819_043637_AM

では、起動が出来たら早速YouTubeで生放送できるように「設定」ボタンをクリックしましょう。

配信タブ

スクリーンショット_010819_044322_AM

設定ボタンを押したら、配信タブに切り替えて、サービスを「YouTube/YouTube Gaming」にしてください。

そして、ストリームキーですが、YouTubeを開きます。

スクリーンショット_010819_044955_AM

YouTubeのクリエイターツールを開き、「ライブストリーミング」を有効にしてください。

スクリーンショット_010819_045128_AM

ライブストリーミングを有効化にしたら、これから24時間程度待たなくてはなりませんので一度ここで休憩をはさみましょう。

スクリーンショット_010919_053600_AM

24時間待機して、ライブストリーミングを利用できるようになりましたら、「ストリーム名/キー」という所にあるパスワードをコピーしてください。

スクリーンショット_010919_060715_AM

そして、OBSstudioの配信タブに切り替えて「ストリームキー」に先程コピーしたキーを、ペーストしておきましょう。

出力タブ

スクリーンショット_010919_041932_PM

出力タブに関しては、このままデフォルトの設定で大丈夫かと思われます。

映像タブ

スクリーンショット_010919_042300_PM

映像タブもこのままでデフォルトで大丈夫でしょう、恐らくは。

設定が完了しましたら、「適用」からの「OK」ボタンを押して、設定を終えてください。

配信をしてみる

僕の場合は、ゲームの生放送ではなく、実写の生放送をしたいので、そういった設定方法をのやり方を説明していきますね。

WS000001_010919_043832_PM

まずは、左下にある「+」ボタンを押して、「映像キャプチャデバイス」を選択してください。

スクリーンショット_010919_043933_PM

そして新しいウィンドウがでてきますので、「OK」ボタンを押してください。

スクリーンショット_010919_044135_PM

設定は特にいじらずに、「OK」ボタンをクリックしてください。

スクリーンショット_010919_044522_PM

赤枠が出てくると思いますので、それを画面の最大サイズまで引き延ばしてあげましょう。

スクリーンショット_010919_044713_PM

そして最後に、「配信開始」をクリックしてあげれば、生放送が始まります。

生放送を開始して終了しますと、自動的にYouTubeの動画一覧に保存されるようになります。

上のリンクにテスト動画をあげてみましたので、一度確認してみてください。

終わりに

以上で、OBSstudioの使い方を説明する記事は終わりになります。

実写の生放送やゲームの生放送などもできますので、是非いろいろ設定などをいじってみてチャレンジしてみてください。

それではそろそろ、OBSstudioを使ってYouTubeLiveを利用する方法についての記事を終わりたいと思います。ありがとうございました。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク