動画撮影をするなら照明を用意しておこう!

P3090006

どうも、アオケン(青木健治)です。

動画撮影にあたって必要な事柄は、顔がはっきりと明るく映っていることです。

動画集客チャンネルという、YouTubeのチャンネルがあるんですが、そちらで顔は明るく映したほうがよいという、アドバイスがありましたので、今回は照明を買ってみました(笑)

ということで、照明の全体像の写真と動画を見て頂こうと、筆者は考えております。

照明がないと、やはり動画の見栄えがどうしても下がってしまうこともありますので、この機に是非照明のご購入をご検討ください。

YouTubeにあげていく動画の質は、よりよく質のいいものにしていきましょう!

スポンサーリンク

全体の写真

P3090007

Amazonから届いた段ボールを開けてみると、SAMTIANというバッグと、スタンドがでてきました。

P3090008

バッグの中を開けてみると、照明とスタンドと、電源プラグその他諸々の道具が入っています。

P3090010

さっそく、照明の明かりをつけてみると、部屋中がめちゃくちゃ明るくなりました。

P3090011

照明の明かりを消して、ビデオカメラを付けてみると、こんな感じになります。

撮影用照明スタンドの動画

では、照明スタンドの全体像がわかったところで、次は、動画を見てみましょう。

実際に動画を見たほうが、どの様に映っているかがわかりやすいので、下に動画をあげてみます。

撮影用の照明スタンド動画です。

若干、部屋のほこりが気になりますが、いい感じに動画を撮影することができるでしょう。

明かりの種類は、LEDライトの真っ白と、オレンジ色の光と2種類あります。

個人的には、LEDライトを使った真っ白の明かりで動画を撮影していきたいと思っています。

終わりに

以上で、撮影用の照明についての記事は終わりです。

照明をつけての、今後の撮影が楽しみになってきましたね。

やはり、明るいほうが印象もよくなると思われますので、是非照明のご購入を検討してみてください。

それではそろそろ、動画撮影をするなら照明を用意しておこう!の記事について終わりたいと思います。ありがとうござました!

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク