ふわっちで外部エンコーダを使わずに生放送する方法!

スクリーンショット_073119_054936_PM

どうも、アオケン(青木健治)です。

今回は、ふわっちで外部エンコーダを使わずに、アドビフラッシュで放送する方法について書いていきたいと思います。

ふわっちはツイキャスと同様に、外部エンコーダを使わずして、ウェブカメラ付きのパソコンを持っていればそのまま放送ができるので、とても楽ですね。

では早速、ふわっちで外部エンコーダを使わずに放送する方法について書いていきましょう。

スポンサーリンク

ふわっちで放送する方法

まずは、ふわっちの公式ホームページを開きましょう。

スクリーンショット_080119_060958_PM

ふわっちの公式ページが開きましたら、右上にある「配信する」ボタンをクリックします。

スクリーンショット_080219_055459_AM

FireFoxのブラウザだけかわかりませんが、最初に「Flashでの配信ができません」というウィンドウが開きます。

ここはスルーして「閉じる」ボタンを押してもらって構いません。

スクリーンショット_080219_055626_AM

次に、「Adobe Flashを実行します」と書かれている、黒い部分をクリックしてください。

すると上に、アドビフラッシュを許可する画面が出てきますので「許可する」をクリックしましょう。

スクリーンショット_080219_072142_AM

アドビのフラッシュプレイヤーが許可状態になったら、次はカメラとマイクへのアクセスを許可しましょう。

ここで許可しないと、配信ができなくなってしまいます。

スクリーンショット_080219_073648_AM

アドビフラッシュやカメラと音声を許可すると、先程の画面にウェブカメラが起動して配信可能な状態になります。

そして最後に、左下にある「配信開始」ボタンを押せば、30分ふわっちで放送することができます。

終わりに

以上で、ふわっちで放送する方法の説明は終わりです。

スクリーンショット_080219_075641_AM

配信開始前に右カラムにある、オプションなども設定できますので、是非この機能も使ってみましょう。

それではそろそろ、ふわっちで外部エンコーダを使わずに生放送する方法についての記事を終わりたいと思います。ありがとうございました!

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク