【MP4】AviUtlで出力プラグインを導入する方法

スクリーンショット_111118_021109_PM

どうも、アオケン(青木健治)です。

AviUtlの初期設定では、AVI形式でしかエンコードできないようなので、「x264guiex」というツールを使って、MP4形式でエンコードできるようにしていきましょう。

この「x264guiex」ツールは、無料で使えて、初心者の方でも簡単に、高画質・低用量で動画をエンコードすることができるようです。

ではさっそく、「x264guiex」をAviUtlの方に入れていきましょう。

x264guiexを導入する方法

まず、こちらのサイトへアクセスしましょう。

スクリーンショット_111118_063425_PM

サイトへアクセスしてもらったら、右カラムにある「x264guiEx 2.xx (ミラー)」という箇所をクリックしてください。

スクリーンショット_111118_064801_PM

クリックしてもらったら、左下にある「x264guiEx_2.57.zip」をクリックして保存しましょう。

※Windowsのバージョンによって動作しない場合もあるので、バージョンに合わせたものをダウンロードしてください。

スクリーンショット_111118_065901_PM

ファイルを解凍したら、「auo_setup」を選択してください。

スクリーンショット_111118_070504_PM

「auo_setup」を起動したら、「aviutl100」のフォルダを選択して、下にある「次へ」のボタンをクリックしてください。

インストールが始まると思いますので、少しの間待っていましょう。

インストールが完了したら、終了を押してください。

x264guiExでエンコードする方法

では、セットアップが終了したので、動画を「x264guiEx 2.xx」でエンコードする方法を説明します。

WS000294

なんでもよいので、まず動画を開きましょう。

そして、「プラグイン出力」から「拡張 x264 出力(GUI)Ex」を選択してください。

スクリーンショット_111218_022346_AM

「拡張 x264 出力(GUI)Ex」をクリックしたら、新しいウィンドウが開きますので、左下にある「ビデオ圧縮」を選択しましょう。

WS000295

メニューバーに、プロファイルというタブがあるので、アップロードしたいサイトの項目を選んでください。

※私の場合は、YouTubeに動画をアップロードしたいので、Youtubeを選択しました。ニコニコ動画などのプロファイルもあるので、アップロードしたいサイトを選びましょう。

スクリーンショット_111218_022908_AM

プロファイルを選んだら、右下にある「OK」ボタンを押して保存をすれば、エンコードが始まります。

スクリーンショット_111218_023412_AM

この様にエンコードが始まりますので、しばらくの間待っていましょう。

エンコードが100%になれば、保存の完了です。

普通に保存するより、「x264guiEx 2.xx」を使って保存した方が、かなりの速度で保存可能です。

終わりに

以上で、x264guiEx 2.xx (ミラー)についての記事は終わりです。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク